狙った客層を得るためのネット集客の方法

集客ができる方法

自分が誰に伝えたいのか、まずはそこから考える

自分が世の中に広めたいと思っている物があるのなら、SNSはそれを広めるのに有効な手段です。 しかし、ただTwitterやFacebookなどに載せるだけで勝手に広がるものではありません。やり方があるのです。 その方法について、詳しく説明していきたいと思います。

SNSで集客したいなら、分かる人に聞くのが集客への近道

ネットは顔が見えないという気軽さから簡単に出来ますが、まずは何を広めたいのかを明確にしないと何も伝わりません。
伝える手段は文字しかないので、「何を誰に伝えたいのか」を最初に考えてから集客してください。
いきなり本題に入るのでは間違いなく誰も観ません。例えば、英会話スクールを開くために集客するのに、いきなり教室の場所や自分の経歴を書いても、元々英会話に興味がある方でもあまり気にはされないと思います。たまたま場所が近かったりすれば別ですが、そうでもない限り、数ある英会話スクールの中から貴方のスクールを選ぶ理由はありません。
ではどうすれば良いのかと言えば、まずは年齢層をしぼることです。20代から30代をターゲットにするならば、その年齢の人たちが興味ありそうな言葉を調べて、その言葉にハッシュタグをつけて投稿するだけでも違ってきます。
ここでいうハッシュタグはそれ以降の言葉も含めてのことと考えて下さい。ハッシュタグをつけるとアクセスされやすくなると考えてもらえれば分かりやすいかもしれません。
つまりターゲットにする年齢層が検索しそうな言葉をハッシュタグをつけて載せるだけで、貴方のブログやSNSにアクセスしてくれる可能性が高くなるということです。どれだけ人の役に立つことを書いていても、アクセスしてもらわなければ意味がありません。アクセスして観てもらって初めてそこから先の道が出来てくるのです。
ネットで集客するのは手軽に思えますが、意外に細かい手順が必要になります。とりあえず何かを広めたくてSNSやブログを利用するなら、相当の根気と粘り強さがないと続かないということだけは覚えておいてください。

ブログとは何か

ネット集客の手段の一つに、ブログが挙げられます。 無料で始められるものから有料のものまでありますが、最初は無料ブログから始められる方が多いようです。 無料が良いとか有料が良いとかいうことは正直言ってないと思います。 何をするにしても、やる気の問題ですので、とりかかりやすいものから始めてみましょう。

ネットとリアル、両方の集客法

ネット集客は顔が見えない分手間がかかるのに対し、リアル集客は顔をさらしている分手間はネットに比べるとかかりません。 どちらが良いとは言えませんが、色々な集客法を知ることも、集客率を上げる方法と言えると思うので、ここで少し説明していきたいと思います。

TOPへ戻る